浄水工

プール透明度測定キット

透明度を簡単測定。
プール透明度測定キットで水の状態をベストにしましょう。

プール透明度測定キット プール水質基準の透明度は濁度2度以下とされ、水中で3mの視界が確保できる水準ですが、これらの基準値はプール水の最低基準で実際にはきれいなプールとはいえません。
 浄水工では、簡単に透明度を測定でき、同時におおまかな濁度も判断できる"プール透明度測定キット"を用意しました。プールの管理をより具体化し、よりきれいな商品価値のあるプール運営にお役立てください。

プールは透明度がたいせつ。濁りに注意しましょう。

 大部分のプール施設は、透明度も濁度も基準値以下で運営されています。現状、開場前の状態で25m先の対壁のラインが見え、濁度も0.1度以下のプールは珍しくありません。しかし、開場後、プール水はスイマーが持ちこむ汚れなどにより、透明度を下げています。髪の毛など目に見えるもの、汗や涙のほか、プール水に溶けだしてしまう化粧品なども油断できません。濁りがあると透明度が低いばかりか、塩素剤の使用量も多くなってしまいます。

透明度を測定することで、プールの状態を的確に把握できます。

プール透明度測定キット 開場前はろ過装置などの働きにより透明度の高いプールも、開場後は、スイマーが持ちこむ汚れなどにより透明度は低下していくのが一般的です。プール透明度測定キットで随時透明度を測定することによりプールの状態を的確に把握。プールを美しく保つことに役立ちます。

透明度を簡単に計ることができます。

 従来、プール水質を数値であらわす場合、専門の分析機関で分析する必要があり、その分析値も粗いものでした。プール透明度測定キットは、ご自身でプールの透明度を測定できます。透明度測定標識を水面と垂直になるようにプールの壁面に沿って水中に沈め、プールサイド上で、透明度鏡を覗いて標識を観察するだけ。水中に入らず測定でき、簡単です。また、同時におおまかな濁度も判断することができます。

プール透明度測定キット

プール透明度測定キツトキット内容

  • 透明度鏡
    • 本体・鏡共 アクリル製
  • 透明度測定標識
    • アクリル製
  • 濁度と透明度との関係表
    • A4サイズ パウチ処理済み

HOME
一般社団法人
日本浄水機械工業会
東京都世田谷区桜新町1-25-5-203
E-mail suijoren@eos.ocn.ne.jp